*

妙義山登山(2020年11月22日)

公開日: : 遠征登山

今回登った山は、鎖と岩の殿堂

妙義山!

群馬にある日本三大奇景の一つにも数えられている山です。

初級者レベルとはいえ冬山、クライミングなど
色々と挑戦している登山兄弟、
え?まだ登ってないの?と思われるかもしれないんですけどね(-_-;)

色々あって登れなかった山に
今回、遂に登山兄弟揃ってチャレンジしてきました!

 


そんなわけでやって来ました、妙義山登山者用駐車場。
今日登るのは白雲山ルート。
妙義神社から登るルートですね。

 


快晴!
妙義山がくっきり見えます。

ちなみに妙義山には表妙義、裏妙義というものがあり、
各ピークに天狗岳、相馬岳、金洞山と色々ありますが、
今日登るのは表妙義、そして表妙義山最高峰の相馬岳です。

 


妙義神社の入り口到着。
ここから地味にきつい石段を登ります。
写真中央に写っているのはわたくし、登山兄弟(弟)です。

 


妙義神社へ進んでいくと、登山道の看板も出てきます。

 


登山口にあるポストに登山届出を提出して、

 


いざ登山開始!
ちなみに写真に写っているのが登山兄弟(兄)の後ろ姿。

 


とりあえずは普通の登山道を歩きますが、

 


徐々に岩が出てきて険しさが増します。
鎖場もちょこちょこありますよ。

 


早速長い鎖場。
角度的に大した事はないんですが、
足元が滑りやすいので鎖頼りで登ったほうが安全。

 


大の字、辻の分岐。
大の字は寄り道ポイント。
白雲山コースを進むには、辻方向に向かいます。

 


とりあえず寄り道して大の字へ。
ここの上り下りが困難なら、引き返した方がいいそうです。
実際、まぁまぁの角度。

 


鎖場を登り切れば大の字。
記念撮影だけして戻ります。

ここでヘルメットを装着。

 


辻到着。
ここから上級コースが本格的に始まります。

 


鎖場の頻度も上がる。

 


白雲山コースには有名な鎖場が四つありますが、
まずは一つ目の鎖場、奥の院到着。

 


岩の隙間を奥に行くと、お地蔵様が並んでいます。

 


こちらが奥の院を下から。
写真に写っているのは先行している方々。

結構長い鎖場ですね。

 


はえ~
といった感じで眺めます。

ここでは過去に死亡事故も起きています。
注意して行きましょう!

 


いざ行かん!
登ってみると、見てるより結構急な事に気づきます。

奥の院は鎖場が二段に分かれているので、
まずは一段目を登り、

 


続けて登ってくる兄を撮影してから、

 


二段目に挑戦!
あ~怖い!
落ちたら100%大ケガ!運が良くて。

 


奥の院が終わったと思ったら、続いてまた鎖場。
ここは特に名前は無く、名無しの登山道です。

 


絶景ポイント。
わかり辛いですが、足場以外は断崖絶壁です。
妙義山の登山道は基本的に道を外した所は断崖絶壁になっているので、
転倒も即滑落に繋がる危険があります。

 


有名な鎖場二つ目、ビビリ岩に到着。

 


ここは兄が先行。

 


ビビリ岩はスタートしてすぐに先行者の姿が見えなくなるんですが、

ここでアクシデント発生!

先行者の兄から

「うわっ!」の声!

どうした!?と声を掛けても返事は帰ってきません…
え…滑落したか…?先はどうなっているか全く見えないし…

と、思っていたら兄からの声、

岩に引っかかっていた鎖が急に外れ、その拍子で鎖に遊びができたそうです。
兄いわく、
鎖が外れたと思ったとか、
一瞬宙に浮いたと思ったとか、
1mほど上半身が後ろに下がったとか色々言ってましたが、

まぁそれは言い過ぎで、実際は30cmくらい鎖がずれただけでしょう(^_^;)
やれやれ…びっくりさせますなぁ。

 


小トラブルが発生したことで、改めて気を引き締め直し
わたくしがビビリ岩にチャレンジします

写真ではわかり辛いですが、
歩いているあたりから下は断崖絶壁です。
数百メートルはある?

名前の通りビビリます。

 


ビビリ岩を無事通貨!
ふぅ…疲れた…

 


さっきのアクシデントが無かったかのように
格好つける兄。

 


三つ目の有名鎖場、背ビレ岩に到着。

 


ここは左が断崖絶壁。
でも怖くて右寄りに歩くよりは、
思い切ってど真ん中を歩いたほうが歩きやすいです。

結構怖いですが、ぶっちゃけ短いのですぐ終わります。

 


背ビレ岩を越えた先の岩場。
上から見ると足場が見え辛いですが、
行ってみると案外楽勝。

 


最後の有名鎖場、大のぞきに到着!
ここは鎖場3連続の下りです。

 


下降する兄を下から。
まだここは1段目だったかな?

 


こちらが2段目?
ちょっと忘れました(-_-;)

 


とりあえずここが3段目なのは間違いないです。

1段目、2段目は簡単で短いですが、
ここ3段目はちょい長めで、足元も滑りそう。

なので怖いからと手の力を使いすぎると疲れますよ。
思い切って、足場を信用して手の力を抜き、
疲れたら休憩もいれるのがいいと思います。

 


大のぞきを無事通過し、ちょっと登れば天狗岩。
ここまで来たら後は普通の登山道、地図の通り歩くだけです。

足を登山道から踏み外した場合、断崖に落ちる可能性は高い登山道ですけど。
あと、若干道がわかり辛かったのでしっかり地図を確認した方がいいかも。

 


本日下山するタルワキ沢登山道への分岐。
まずは相馬岳へ行って、またここまで戻り下山します。

 


表妙義の最高峰、相馬岳到着!
後は下山するだけ!

 


こちらがタルワキ沢登山道。
入ってすぐは左右の崖上部から、
落石があってもおかしくなさそうな道ですので、
ヘルメットは着けてた方がよさそうです。

 


逆光でわかり辛いですが、
鎖場も幾つかあります。

 


関東ふれあいの道に到着。
ここまで下りてきたら、後は本当に安全な道を歩くだけ。

 


超整備されています。

 


あっという間に妙義神社に到着!

 


締めに群馬名物、焼きまんじゅうを食べて

本日の登山も無事下山完了!

 


こちらが本日歩いたルート。
時間はトータル4時間半くらいですかね。

鎖場などで混雑しなかったので結構早めでしたが、
雨などの後で濡れてる、鎖場が混雑してる。
等が重なれば、だいぶコースタイムは変わりそうです。

 

いや~でも今日は本当に妙義山を無事登れてよかった!
この日のために体重を減らそうと多少頑張ってましたが、
殆ど落ちず!結局グロス0.1tほどの重量で挑んでいたので
正直、前日の夜などはだいぶびびってました(;´Д`)
多分この日妙義山を登った人の中で一番重かったでしょう。

でも案外行けるもんですね。
日々の筋トレの成果かな?
なんだかんだ太ってはいますが、それなりに筋肉はあると思いますし。

ただやっぱりもう少し減量しないと駄目ですね。
次回、まぁ来年以降ですけど
妙義山の金洞山ルートを登りたいと思っています。

金洞山ルートには妙義山で一番難しい?
鷹戻しがあります。
さすがにここに挑戦するならもう少し軽くしとかねば。

でもとりあえず今夜は…

お祝い!

山を登った日位はいいでしょう!

翌日も長野の百名山、四阿山に登る予定がありますし!
酒を飲んで妙義山登頂を祝って、とっとと寝ましょう!

それでは!

※四阿山登山は天候不良+早く帰りたかったので中止になりました。

PC用

関連記事

白山登山 平瀬道~三峰巡り 日帰り

9月20日金曜日 兄と二人で白山に登山行ってきました。 白山は今年2回目ですが、前回は御前峰

記事を読む

新潟遠征登山三日目。米山定例登山一年ぶり二回目

8月11日~8月13日はお盆の帰省のついでに新潟遠征登山に来ています。 一日目はこちら 「新潟遠

記事を読む

新潟遠征登山二日目。妙高山、火打山縦走編。(後編)

新潟遠征登山、二日目の後編です。 前編はこちら 「新潟遠征登山二日目。妙高山、火打山縦走編。(前

記事を読む

大日ヶ岳へリハビリ登山(2015年8月18日)

5月に靭帯損傷した足もだいぶ良くなって来ました。 なのでここらでいっちょアルプス辺り行っちゃおうか

記事を読む

新潟遠征登山二日目。妙高山、火打山縦走編。(前編)

8月11日~8月13日はお盆の帰省のついでに新潟遠征登山に来ています。 一日目はこちら 「新潟遠

記事を読む

槍ヶ岳~双六岳登山(2020年9月27~28日)後編

「槍ヶ岳~双六岳登山(2020年9月27~28日)前編」の続きです。   さぁ

記事を読む

初冬の伊吹山へ(2014年12月5日)

今日は連休二日目! どこを登りに行こうか… どうせなら雪がある山がいいけど… 伊吹山でも行こう

記事を読む

伊吹山(百名山)登山。行きはよいよい帰りは…

今日は兄と二人で、百名山伊吹山へ登山に行って来ました。 天気予報では、「今季最大の寒波が到来し

記事を読む

唐松岳登山(2020年8月14日)

今日は久しぶりのトレーニング登山!ということで 唐松岳 を登りに行きました。

記事を読む

新潟遠征登山一日目。蝶ヶ岳編(北アルプス)。

8月11日~8月13日、 新潟まで遠征登山に行ってきました。 ただ遠征登山とは言っても本来の

記事を読む

PC用

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC用

妙義山登山(2020年11月22日)

今回登った山は、鎖と岩の殿堂 妙義山! 群馬にある日本三大奇景の一

槍ヶ岳~双六岳登山(2020年9月27~28日)後編

「槍ヶ岳~双六岳登山(2020年9月27~28日)前編」の続きです。

槍ヶ岳~双六岳登山(2020年9月27~28日)前編

今回は遂に決行です! 登山を始めて十数年…なぜか一度も登らなかった山

越後駒ケ岳登山(2020年9月20日)

今回新潟にてちょっとした用事がありました。 新潟といえば数多の名峰が

雨飾山登山(2020年9月3日)

今回登った山は百名山の一つ、雨飾山! 新潟県?長野県?にある山です。

→もっと見る

  • 2021年1月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑