*

槍ヶ岳~双六岳登山(2020年9月27~28日)前編

公開日: : 最終更新日:2020/10/22 北アルプス, 遠征登山

今回は遂に決行です!
登山を始めて十数年…なぜか一度も登らなかった山、
そして登山者の憧れの山、

槍ヶ岳!

ようやくです!ようやく槍ヶ岳に挑戦する日が来ました!

このブログを書き始めたのが、2013年8月。
登山を始めたのは更に前ですが、
遂にこの日が来ましたね!

 


そんなわけで早速開始、新穂高温泉です。
今回はここから右俣林道を歩いて、
滝谷避難小屋~槍平小屋~槍ヶ岳山荘を経由して
槍ヶ岳山頂を目指します。

現在、時間は1時10分。

 


暗い中ウロウロして登山口を発見。

 


長い長い林道を歩きます。

 


ふと思います。
これ怖くない?と。
深夜、誰もいない時間にヘッドライトの灯りのみで、
最近熊の襲撃情報があった、上高地の近くの山の林道を一人で歩く…

しかも明るくなるまでまだ4時間以上もある…

 


休憩所を見つけましたが、立ち止まる気にならず…

 


写真を撮るとエクトプラズムが写る…

 


穂高平小屋。

 


奥穂高へ向かう分岐。
奥穂高へ登る白出沢登山道は
2020年9月27日現在、通行止め中。

 


林道が終わりました。

 


ここからようやく登山道。

 


途中、崩落している為、迂回路を歩いてきました。

 


滝谷避難小屋。
明るく見えるのはカメラのフラッシュのお陰で、
実際は漆黒です。

この中でしばし休憩して精神の安定を図り、
落ち着いてから出発します。

 


これがたまに流される橋かな?

 


徐々に登りがきつくなってきます。

 


木道がでてきました。

 


槍平小屋に到着!

 


テント場には人がちらほら。

 


ようやく空が白んできた。
そして道がゴツゴツしてきた。

 


ヘッドライトを片付けがてら、がっつり休憩します。
ふぅ疲れた。

 


千丈分岐点に到着。
ここを槍ヶ岳山荘方面に向かいます。

 


岩の中を歩くので足元注意。

 


虹!
綺麗で素晴らしいんですが、雨が降ってきた…

 


小雨なので雨具をつけるか微妙な感じの中、ひたすら登ります。

 


飛騨乗越に到着!登り切った!
ここまで来たら山頂は目の前です。

 


槍ヶ岳山荘発見!

 


ようやく、憧れの槍ヶ岳に来ましたが
ガスで見えん…晴れるのを待つべきか…

しかしこの後、西鎌尾根を歩いて双六小屋に向かう予定なので
あまりゆっくりしてられません。

しょうがない!
山頂に向かいましょう!

 


山頂へは鎖と梯子の連続。
登りと下りの道は一部共有ですが、基本別になってます。

 


岩は濡れていて滑りやすく、梯子、鎖は冷たい!

 


最後の梯子。ほぼ垂直です。

 


梯子を上から撮影。
ここを登りきれば、

 


槍ヶ岳山頂到着!
時間は8時半。

なぜか全然登らなかった槍ヶ岳を遂に制覇!
天気が悪かったのが残念ですが
まぁまた来たらいいでしょう。

大キレット、ジャンダルム、西穂~奥穂もまだ行ってないですしね。

それでは山荘まで下りますか。
登りより下山で事故は起きる。
濡れてるし、慎重に慎重に…

 


無事下りてきましたが…

あれ?晴れてきてない?

 


まぁまぁまぁまぁまぁ、一瞬だけガスが少し晴れるのはよくあります。
気にせず次の目的地、双六小屋に向かいましょう。

 


槍ヶ岳山荘から西鎌尾根へ向かう道は、石が大量です。
下から登ってくる人もいるので、落石注意で歩かないと。

 


なんか格好いい写真が撮れました。

 


いい場所を見つけたので休憩タイム。
いつもならおはぎを食べて休憩ですが、
売り切れてたので、今回は三色団子を食べて休憩します。

 


ああ~!
めっちゃ晴れてきた…!

山頂で…山頂で晴れてほしかった…!

 


先ほどまでガスで全然見えなかった
西鎌尾根もだいぶ晴れてきました。

 


千丈乗越に到着。
ここから双六小屋までは約4時間のコースタイム。

 


西鎌尾根には鎖場などもあります。

 


どちらかというと、鎖が整備されている所よりも
足場が不安定な稜線、山腹を歩く場所の方が危なく感じました。

 


振り返って。
槍ヶ岳が綺麗に見えます。

 


綺麗な稜線を歩くのは気持ちがいいですね。

 


左俣乗越に到着。
双六小屋までは、あと3時間ほど。

 


硫黄乗越に到着。
ここまで来たら、後は樅沢岳を登れば双六小屋は目の前。

ただ、朝早くから歩いていい加減疲れたのでここで大休憩。
身体をある程度休めてから樅沢岳への登りに挑戦します。

 


前樅沢岳。多分。
ここを抜けると樅沢岳があります。

 


樅沢岳に到着!
槍ヶ岳が綺麗に見えるらしいですが、
相変わらずガスってる…

 


樅沢岳から双六小屋への下り。
High松に囲まれた道ってなんかいいですよね。

 


双六岳が見えてきました!
ちょっと雲がありますが、いい景色です。

 


双六小屋発見!

 


双六小屋に到着しました。
今日はここに宿泊します。

受付に行って、部屋に荷物を置いて、少し休憩してから…

 


双六岳に行きますか!
翌日、双六岳山頂でご来光を見てから
下山をしようかと思いましたが、
もう今日のうちに登って、明日は下山だけすることにします。
疲れたしね(-_-;)

 


双六岳へは稜線ルートから。
写真の矢印の双六岳方面です。

 


結構急な登りです。

 


登り切れば、緩やかな稜線。
ただ地味に長いです。

 


双六岳山頂到着!
ま~たガスってて何も見えない。

天気予報では晴れると言ってたんですけどね。
(実際晴れてる時間は結構ありました)

しょうがない!
こればかりは運でしょう!
山頂で晴れるのを待っててもいいですが、
寒いし、山小屋に戻ってゆっくりしましょ。

 


はい、山小屋に戻ってきました。

 


夕食は双六岳名物のてんぷら。

ご飯を食べたら後は寝るだけ。
明日は早めに下山して、家に帰りましょう。

とはいっても、双六小屋から新穂高温泉までの登山道は
コースタイム約5時間半のまぁまぁの長丁場。

今日酷使した足で問題なく下りれるでしょうか…
新穂高温泉から槍ヶ岳を経由しての、双六岳。
結構歩きました。疲れた…

少し心配ですが、まぁ寝れば回復するでしょう!

それでは!

 

後編はこちら
→「槍ヶ岳~双六岳登山(2020年9月27~28日)後編

PC用

関連記事

初冬の伊吹山へ(2014年12月5日)

今日は連休二日目! どこを登りに行こうか… どうせなら雪がある山がいいけど… 伊吹山でも行こう

記事を読む

新潟遠征登山一日目。蝶ヶ岳編(北アルプス)。

8月11日~8月13日、 新潟まで遠征登山に行ってきました。 ただ遠征登山とは言っても本来の

記事を読む

米山登山(新潟県、300名山)。大平登山道往復

昨日、8月19日(月)の常念岳に引き続き 新潟にある300名山の米山を登ってきました。 新潟

記事を読む

燕岳登山(2020年8月26日)

今回登った山は、北アルプスの女王と呼ばれる山 燕岳! 北アルプス三大急登の一つ、合戦尾根があるこ

記事を読む

北アルプス遠征登山三日目、雨の薬師岳へ(2015年9月17日)

9月15日~18日、兄と二人で北アルプス遠征登山に来ています。 今回はその三日目の記事を書いていき

記事を読む

笠ヶ岳登山(2016年11月5日)

最近、 鹿島槍ヶ岳、針ノ木岳、劔岳と 北アルプス遠征が続いていますが 今回も北アルプス遠征です

記事を読む

荒島岳でアイゼンを見つけてくれた方へ(2019年2月1日)

本日荒島岳でアイゼンの片方を見つけて、勝原スキー場のトイレ横の看板にかけてくれた方、あのアイゼンは

記事を読む

槍ヶ岳~双六岳登山(2020年9月27~28日)後編

「槍ヶ岳~双六岳登山(2020年9月27~28日)前編」の続きです。   さぁ

記事を読む

鹿島槍ヶ岳登山。扇沢から日帰り(2016年9月2日)

さぁ、9月が始まりましたよ! 9月、10月といえばまさに北アルプスのシーズン! この時期しか登れ

記事を読む

常念岳登山(北アルプス、百名山) 一ノ沢往復

8月18日(日)は北アルプスの常念岳へ登山に行ってきました。 土曜日の夕方に四日市を出発して、梓川

記事を読む

PC用

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC用

妙義山登山(2020年11月22日)

今回登った山は、鎖と岩の殿堂 妙義山! 群馬にある日本三大奇景の一

槍ヶ岳~双六岳登山(2020年9月27~28日)後編

「槍ヶ岳~双六岳登山(2020年9月27~28日)前編」の続きです。

槍ヶ岳~双六岳登山(2020年9月27~28日)前編

今回は遂に決行です! 登山を始めて十数年…なぜか一度も登らなかった山

越後駒ケ岳登山(2020年9月20日)

今回新潟にてちょっとした用事がありました。 新潟といえば数多の名峰が

雨飾山登山(2020年9月3日)

今回登った山は百名山の一つ、雨飾山! 新潟県?長野県?にある山です。

→もっと見る

  • 2021年1月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑