*

道迷いました。藤原岳編。

公開日: : 最終更新日:2014/05/26 鈴鹿山脈

今日は山で遭難しそうになりました。
本当に恐怖を感じ、山を舐めてはいけないという事を非常に痛感しました。
記事はいつも通りの感じで書きますが
この記事を読んだ方の遭難対策に、少しでも手助けになったら幸いです。

今日行ったのは300名山、花の100名山、そして鈴鹿セブンマウンテン、
藤原岳です。
さらに藤原岳から銚子岳へ行って帰ってくるといったルートを設定しました。

 

20131006藤原岳①
6:15駐車場にある休憩小屋から出発します

 

20131006藤原岳②
途中雄鹿を見かけました。
わかり辛いですが、真ん中あたりで両目が光っています。

 

20131006藤原岳③
登山道はこんな感じでとても歩きやすいです。

 

20131006藤原岳④
9合目に付きました。
朝のうち雨が降っていましたが晴れてきました。

 

20131006藤原岳⑤
藤原山荘に着きました。トイレもあります。

 

20131006藤原岳⑥
山頂へ向かう途中から藤原山荘方面をパシャリ。
だいぶガスってます。

 

20131006藤原岳⑦
山頂へ着きました。時間は9:30位だったと思います。
実は今日はトレーニングの為、ザックに荷物を大量に詰めてきました。
重さは大体15㎏位です。普段そこまでザックを重くしてないので
非常に重く、普段より登るのに時間がかかってしまいました。

そしてこのザックの重量も道迷いの原因の一端となりました。

 

20131006藤原岳⑧
それでは銚子岳へ向かいます。
まずは途中にある治田峠を目指します。

 

20131006藤原岳⑨
途中の道はこんな感じ。というか道はもう無いです。
ポツンポツンと目印があるだけで、しかも結構急斜面でした。

ザックが重いのでこけそうになる度に足に負担がかかってしまい
疲労が蓄積していきます。

この道には番号が着いた看板が設置されているのですが、
戻ってくる際に見つけた
藤原岳、治田峠、孫太尾根の分岐点を通る道のほうが歩きやすそうだと感じました。

 

20131006藤原岳⑩
上に書いた分岐点はこの看板とは別の看板になります。
この看板も正直ちょっとわかり辛いと感じました。

右は治田峠に向かうのですが、左にそのまま進むと孫太尾根にいってしまいます。
写真を撮っている僕の後ろが藤原岳へ向かう山腹道です。

ここまで来るのに、道が分かり辛くだいぶ時間がかかりました。
足にも急斜面の連続と、重いザックで大分疲労が溜まっています。

このすぐ後に猿の群れに遭遇しました。
逃げていってくれたのでいいですが、あれだけ何匹もいると怖いですね。
猿の群れのすぐ後にどこかの大学のワンダーフォーゲル部でしょうか?
6人くらいのグループと出会い、
その中の一人が「この先にスズメバチの巣があるから注意して下さい。」
と教えてくれました。
昨日も彼らの仲間が2~3人刺されたそうです。
木の倒れた場所に巣があるとの事なので慎重に進みました。

 

20131006藤原岳⑪
見つけました!
結構近い距離で気付いたので急いで距離を取りましたが
刺されなくてよかったです。

沢山のハチが木に取り付いていますが、
キイロスズメバチでしょうか?

 

20131006藤原岳⑫
しばらく進むと看板がでてきました。
登山道には目印等も少なくここまで来るのに、
藤原岳山頂から既に2時間程経過していました。

そしてここからが道迷いの始まりです…
とりあえずは木に付いているリボンやシール等を頼りに
先へと進みますが、 かなり疲れているのでペースもだいぶ遅めです。
しばらく進むと…

 

20131006藤原岳⑬
またスズメバチの巣を発見しました。

2個もあるなら2個あるって教えてくれたらいいのに…
とつい思ってしまいました。

もうお気づきかもしれませんが、この巣は先ほど通った巣と同じ物です。
しかしこの時点では僕は全く気付いていません。
別の巣と思い込んでいます。
挙句の果てには巣の事を教えてくれたワンダーフォーゲル部?の人達に
ケチをつける始末…困った男です…

同じ巣の場所を通るという事は登山道をUターンしています。
それに気付かず僕はひたすら進みます。

 

20131006藤原岳⑭
看板もちゃんと出ています。
ですがこの時点でも、
「番号間違ってるじゃん。」
と、自分が正しいと思い込んでいました。

なんで気付かなかったんでしょう?頭がおかしくなってたんでしょうか?
確かに疲労はかなり溜まった状態ではありましたが…

 

20131006藤原岳⑮
途中通った看板です。
一度通ってる筈ですが、全く気付きません!
もう完全にイかれていたんでしょう。
全然治田峠着かないなーと思っていました。

この時点で時間は12:00を回ってしまったので
帰還を決意。登山道を戻り始めました。

ですが戻るとはいってもいつの間にかUターンしているので、
戻る=進むになります。
どんどん進んでしまい…

知らない道に当然着きますよね。

あれ?こんな道通ったっけ?
だいぶ進んでから気付きました。
恐らく進んでしまったのは、イセ谷、茨川方面?だと思います。

一旦戻る事を決意。
結構下っていたので、戻るのにもかなり体力を消費しました。
見覚えのある所まで戻ってきましたが、
自分の中ではもう意味不明状態です。

どこに進んだらいいのかわからなくなっています。

完全に道に迷った! やばい!遭難する!

背筋がヒヤリとし、かなりの恐怖を感じました…
水も食料もそんなに量がありません…

どうしよう!?どうしよう!?
しかしこんな時こそ冷静に。

地図を取り出して、周りの山々を確認してみます。

 

20131006藤原岳⑯
竜ヶ岳が見える。
てことは右手前が静ヶ岳?更に手前が銚子岳?
じゃあ藤原岳はだいぶ左の方か?

この時初めて自分が方向感覚を失っている事に気付きました。
じゃあ藤原岳に戻るのは、自分が進む方向だと思っていた方向?
もう完全に混乱しています。

しかし時間も無いし、躊躇している余裕はありません!
行くしか無い!

と、進もうとすると…

人が来ました!
天の助け!

話を聞くと藤原岳から来たそうです。
じゃあやっぱり自分の方向感覚がおかしくなってたのか…

人から聞いた方向、おそらく藤原岳方面へ進んでいくと…
(自分の中では未だ半信半疑)

 

20131006藤原岳⑩
この看板に着きました!
あー…やっぱり自分が間違ってたのか…

リングワンデリング…話には聞いてましたが
まさか雪山でもない低山で、実際に自分が体験するとは…
本当に恐怖です。山は恐ろしい…

しかし無事分かる所に戻れて良かった!
疲労した身体に鞭打って歩きます!

 

20131006藤原岳⑰
僕の心中とは別に絶景が眼前に広がります。

 

20131006藤原岳⑱
藤原岳山頂へと近づいてきました!

 

20131006藤原岳⑲
無事山頂へと辿り着き、
藤原山荘方面を一枚パシャリ。午前中とはうってかわって
晴れ上がっています。

あー…でも戻ってこれてよかった!
山荘に着いたのが15:00過ぎです。
もう全身疲労困憊で休息を取ります…

休んだ後はのんびり歩いて下山。
というか足が痛すぎてしょっちゅう立ち止まりました。

17:30にやっとこさ車まで辿り着きました…疲れた…
しかしもしガスが晴れて竜ヶ岳が見える事が無かったなら
無事下山できたかわかりません。

もし平日だったら人が通らなかったかもしれませんので
僕の進む方向もさらに間違っていたかもしれません

無駄に重いザックを背負って、無駄に体力を消費していなければ
もっと早くに間違いに気付いていたかもしれません。

コンパスをもっていれば進む方向を間違える事も
無かったかもしれません。

考えれば今回起こった道迷いには色んな原因が思い当たります。
無事下山できたから良かったものの、もし一歩間違えれば…
考えるのも恐ろしいです…

今後はこういった事が無いようにきちんと対策を講じていき
教訓として活かしていきたいと思います。
でなければ今日経験した事が全て無駄になってしまいますので。

長々と書いてしまいましたが、
皆様も安全に楽しい登山ライフを!

PC用

関連記事

御在所登山 三口尾根~武平峠~中道

本日の恒例登山は 三口尾根(別名日陰尾根?)を登って武平峠へ行き、 鎌ヶ岳は登らず、御在所へ。と

記事を読む

藤原岳登山。ラッセル祭り編。

今日の登山は藤原岳。同行者は会社の後輩です。 この後輩、仮にKi君としましょう。 Ki君とは以前

記事を読む

二日続けて入道ヶ岳へ(2015年3月11日)

昨日に引き続き今日も 入道ヶ岳を登って来ました。 登ったルートも全く同じ、 登り北尾根登山道、

記事を読む

雨乞岳登山。雪が多くて疲れました…

今日の登山は鈴鹿セブンマウンテンの一つ、雨乞岳。 登山兄弟の兄と二人で行って来ました。 前回

記事を読む

夜の御在所へ登山。

6月10日(火)、登山兄弟の兄と二人で 夜の御在所へ登山に行って来ました。 今回夜に登山に来

記事を読む

雨乞岳、イブネ、クラシ登山(2016年5月20日)

今日の登山は雨乞岳、 そしてかなり久々となる鈴鹿の秘境、 クラシとイブネに行って来ました。

記事を読む

東海自然歩道ウォーキング

今日の山行は東海自然歩道ウォーキング。 ウォーキングなので山行というにはちょっと微妙かもしれません

記事を読む

福寿草を求めて入道ヶ岳へ(2016年2月19日)

今日の登山も入道ヶ岳へ行って来ました。 ただ今日は特別な目的があります。 その目的とは、 福寿

記事を読む

野登山、仙ヶ岳登山(2014年12月15日)

今日は久しぶりに登山兄弟の兄と二人で登山に行って来ました。 登った山は野登山と仙ヶ岳、鈴鹿山脈の南

記事を読む

厳冬期雨乞岳登山。三度目の正直(2015年1月21日)後編

「厳冬期雨乞岳登山。三度目の正直(2015年1月21日)前編」 の続きです。  

記事を読む

PC用

Comment

  1. りょう より:

    こんにちは GPSは使われてないのでしょうか
    地図とコンパスって中腹の生い茂った樹林帯とか使い物にな、ないので

    • 登山兄弟(弟) より:

      りょうさんこんにちは
      当時GPSは使ってませんでした。

      今はスマホのですけどGPSと地図アプリを使って、
      自分の位置を確認しながら歩いていますが
      当時もそれができれば、あんなパニックにならなかったんでしょうね…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC用

妙義山登山(2020年11月22日)

今回登った山は、鎖と岩の殿堂 妙義山! 群馬にある日本三大奇景の一

槍ヶ岳~双六岳登山(2020年9月27~28日)後編

「槍ヶ岳~双六岳登山(2020年9月27~28日)前編」の続きです。

槍ヶ岳~双六岳登山(2020年9月27~28日)前編

今回は遂に決行です! 登山を始めて十数年…なぜか一度も登らなかった山

越後駒ケ岳登山(2020年9月20日)

今回新潟にてちょっとした用事がありました。 新潟といえば数多の名峰が

雨飾山登山(2020年9月3日)

今回登った山は百名山の一つ、雨飾山! 新潟県?長野県?にある山です。

→もっと見る

  • 2021年1月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑